桜満開の公園へ!大好きな趣味と一緒に。

こんにちは!素材の旨みを引き出す食の専門家・吉岡です!

最近、素材や料理のお話しばかりでしたので、今日は閑話休題。プライベートなあれやこれやを書かせて頂こうかなと思っております。

 

 

プライベートな事と言っても、普通の37歳ですので大したことなどは全くありません。

 

お休みの日は大好きな本を抱えて、近所のカフェや昔ながらの喫茶店へ行き、1~2時間ほど本を読む。または、バイクに乗って少し遠出して趣味のカメラで風景を撮りに行くなどです。

4月に入って暖かな日が続き、とうとう桜も満開になりましたね!

こんな日はいつもより遅めに起きて、何も食べずに着替え、近所のパン屋さんで好きなパンとコーヒーを買って公園へ!

もう5回目くらいになると思いますが、司馬遼太郎の「坂の上の雲」もショルダーバックに入れてお出かけです。

大きな公園があるのですが、春先や秋口など、過ごしやすいときはいつもここでゆっくり本を読んでいます。

周りに大きな建物もないので、真っ青な空と暖かな日差しが相まって、ついつい長居をしてしまいますが、本がスラスラと読めるのでとても素敵な公園ですね!

お昼過ぎに公園に来て、気づいたら16時くらいとかこの季節はざらですが、たまにはこういう時間の使い方もいいかなーと思います。

その後は行きつけのお好み焼き屋で、ビールとお好み焼きやら焼きそばなどを突きつつ、店長とうだうだ話し、お腹がいっぱいになったらお会計。

そのまま2件目のショットバーへ。

ここは1人客が多い店ですので、スコッチのマッカランをロックでもらい、「坂の上の雲」を読みつつ、マスターとも話します。

気づけば22時くらいになっているので、慌てて自宅へ帰り、お風呂へ入り、またビールを飲みつつ本を読む。

もうこのあたりでだいぶホロ酔いですので、いつの間にか本は顔の上に落ちたまま眠りについてます。

本を読んでばかりの1日ですが、それはそれで自分の趣味なのでいいかなと思っております。

それでは今日はこの辺で。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です